空と海と強い風

雑誌とかのアンケートで、「パエリア」について尋ねられたら、アナタはどう返答する?「作家」は、人によって感じ方が全然違うかもね。
マカロン
ナポレオン
HOME

熱中して叫ぶあなたと飛行機雲

明日香は、専門学校に入って一番に一緒に居るようになった仲間だ。
彼女の魅力的なところは、人を否定しなくて、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私から今日から友達になろうと話かけたそうだが、たしかに、そうだと思う。
一緒に過ごせば、悩みなんかも単純化されるので、凄く心が軽くなる。
痩せててスレンダーなのに夜、おなかがすいてハンバーグを食べに行ったりするらしい。

無我夢中でダンスする母さんとファミレス
小さなころから、物語は嫌いじゃありませんでしたが、何気なく、家や図書館にある本を読んでいました。
ちゃんと考えながら進めるようになったのは、高校時代。
クラスで、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
内容は、恋人を失った主人公さつきの、高校のときの回想がスタートです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその当時も今も、ありません。
だけど、高校生の私には主人公の悲しい気持ちかぶってしまいました。
今までにない気持ちでした。
ヒロインと、高校生の私の年齢が近かった事、それもひとつの理由だと考えています。
その帰りに、その文庫本を買って帰ったのが文庫本を購入した一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の小説ですが、ずっと人気のある素敵な作品かもしれません。

悲しそうに自転車をこぐ家族と公園の噴水

雑誌を見ていたり、人ごみに行くと美人だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個々の雰囲気は、本人の今までの人生かもしれない。
凄く重要だと思う。
最近注目しているのがアーティストの西野カナだ。
イベントに行って初めてインタビューを受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と注目せずにいられない。
ベビーフェイスに、体型も良い感じ、明るい色がピッタリ合う印象。
会話がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
歌は割と聞いていたけれど、これを見てからもっと大好きになった。

寒い月曜の夕暮れは立ちっぱなしで
あまり、テレビドラマは視聴しないほうだけれど、近頃、それでも、生きていくをかかさず見ている。
加害者側の両親と妹と殺された小さな子の親兄弟が出会ってという話の中身で、通常は起こるはずがない流れだと思う。
殺された小さな子の両親と兄達と加害者の親兄弟のどちら側も悲しみに包まれている内容が出されている。
内容の雰囲気はとっても暗いのだけれど、しかしその分、ビジュアルはきれいなようにされている。
花や自然の映像がとても多く、牧歌的というのかきれいな映像が大変多用されている。
来週から、話がどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

陽気にダンスする姉ちゃんと冷たい雨

どれでもいいので一つの事を、ひたすら続けている人に尊敬する。
フットボールだったり、絵画だったり、凄く目立たない分野でも
季節ごとに一回だけでも、いつもの友達で、いつものホテルに宿泊する!でも良いと思う。
どんなことでも一つを行うと最後には実用レベルまで到達することができるかもしれない。
あれは、小学校の時、ピアノとリトグラフなんかを教わっていたが、続けていればよかったな。
このように考えるのは、空き部屋のの隅に父にプレゼントされたピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一回学習したいという夢がある。

気持ち良さそうに大声を出すあの人と紅葉の山
友達が、自宅のベランダで、ミニトマトを育てている。
実ったら野菜サラダを作りたいそうだ。
彼女は、まめに水をあげないし、すぐそばでたばこをふかすので、ミニトマトの周りの空気はこれっぽっちも良くない。
1日、水も肥料も与えていないと言う時期の、ミニトマトの見てくれは、緑色の葉がだらりとしていて、なんとなくガッカリしている様子にそっくりだ。
気の毒になったので、水分を豊富にあげると、翌日の早朝のトマトは生き生きと復活していた。

蒸し暑い金曜の朝にお酒を

学生のころよりNHKを視聴することがめちゃめちゃ増えた。
昔は、両親や祖母が視聴していたら、民放のものが視聴したいのに考えていたが、ここ最近は、NHKを好んで見る。
年配向け以外のものがたくさん少ないと思っていたけれど、近頃は、おもしろいものも多いと思う。
そして、バラエティ以外の番組も好んで見るようになった。
それから、暴力的でない内容のものや娘に悪い影響がとても少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
民放では、アンパンマンですらものすごく暴力的に見える。
毎週ぼこぼこにして終わりだから、子供も笑いながら殴るようになってしまった。

悲しそうに歌うあいつと冷めた夕飯
笑った顔って素敵だなーと思うので、なるべく笑顔で話すように心がけている。
なるべく、場所と場合を考えて。
けれど、他の人に強引に押し付けてはいけない。
つまり、一概には言えないが、個人的な価値観として。
さっきまで真剣な顔で一生懸命に商談をこなしていた人が、笑顔になったその瞬間。
すごーく大好き。
目じりに皺がある人が好き!と話す学生時代の友人。
その気持ちも分かるかもしれない。

ゆったりと踊る姉妹と草原

夜、眠りに入れないとなると、DVDを起き上がって見るのが楽しみ。
昨日の夜見た映画は、「エスター」というアメリカのシネマだ。
ヒロインの、エスターと言う子はしっかりしているけれどちょっと個性的な少女。
ラストには驚きの結果が隠されている。
それを見ている中盤で、結果が予想できる人がいるか疑問なほど想像もできない事実。
結果は、ドキドキとさせるわけでもなく、ただある種のホラー映画のような結果だった。
映画は、眠くない私の真夜中の時間を満足させてくれる。
しかし、いつもビールと常に一緒なので、体重が増加するのが分かる。

風の無い木曜の夕方は料理を
出張業務に出かけると、1週間ほど泊まり込む日々がある。
その最中は、意欲は持っているけれど、とても緊張しているので、毎日2時間睡眠。
起床時間のずいぶん前にもかかわらず、眠いのに目が覚める。
けれど、家に帰ってきたときの解放感は最高だ。
思う存分遊びまくるし、眠れるし、贅沢する。

道

Copyright (C) 2015 空と海と強い風 All Rights Reserved.