空と海と強い風

「豚汁」のこと、どう感じる?「春巻き」って、みんなにはどう考えられているんだろう。別に考察してみるわけじゃないんだけどね。
マカロン
ナポレオン
HOME

控え目に踊る姉妹と冷たい肉まん

非常に甘いおやつが好みで、甘いお菓子などを自作します。
普通に泡だて器でしゃかしゃか混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたけれど、近頃、ホームベーカリーで作ってみたら、めっちゃ楽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを細かくして混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも心がけている。
甘味料が少量でもニンジンや野菜の甘味があるので、喜んで食べてくれます。
近頃は、スイーツ男子なんて言葉もメディアで言っているからごくふつうだけれど、しかし、昔は、ケーキを自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、菓子作りをする男の子が多いねと言われたりします。

ひんやりした土曜の朝にビールを
甘いお菓子がとっても好みで、ケーキや水ようかんなどをつくるけれど、娘ができて作るおやつが制限されてきた。
私たち夫婦がとても楽しみながら口にしていたら、子供がいっしょに食べたがることは当たり前だから娘も食べられるお菓子をつくる。
自分は、激甘なものが非常に好きなのだけれども、娘には激甘なケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやかぼちゃをいれた蒸しケーキが体にも良いと考えているので、砂糖を控えめに入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

暑い火曜の夜に料理を

いつも、Eくんから届くメールの話は、何のことを語りたいのかまったく理解できない。
お酒が入っててもシラフでもいまいち理解できない。
だけど、E君が仕事の一環で作成したという、商品とおすすめについての紹介文を読んだ。
きちんとした文書をかけるんだ!と思って、ビックリした。

天気の良い休日の午後に歩いてみる
海辺がたいそう近くで、サーフィンのメッカとしてもすごく知られている場所の近くに住んでいる。
そうなので、サーフィンをしたことがある人はとっても多く、仕事の前に朝はやくちょっと波乗りに行くという人もいる。
そのように、サーフィンをしに行く人たちが多いので、誘われることがめっちゃあったのですが、毎回毎回断っていました。
それは、私が、運動神経が悪く、息継ぎできずに泳げないからです。
けれども、しかし、泳げなくてもできると言われ、やってみたけれど行った場所は初心者じゃない人が行くところで、テトラポッドが左右に置かれていて、波乗りのスペースが狭い浜辺だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

勢いで吠える先生とファミレス

富士には月見草がよく似合うと言うよく知られる名言を書いたのは作家の太宰治だ。
太宰治は、バスに乗り、御坂を越え、今の甲府市まで向かうところだった。
そこで偶然一緒になったおばあさんが、「あら、月見草」と独り言を言う。
そこで、振り向いた太宰の視界に見えたのが月見草、と、日本一の名山富士山だった。
富岳百景の一部のこの部分は、名峰富士を理解するときに欠かさない。
多くの文芸に人気の、3776mの名山だ。
どの場所から見てもおんなじように整った形をしているために、八面玲瓏という言葉が似合っていると口にされる。
全く同じ意見だ。
私が感動したのは、秋の富士山だ。

風の無い週末の明け方は立ちっぱなしで
とある夏の日の朝。
少年は外で、蟻の行列が虫の死骸を運んでいるところをまじまじと見ていた。
蟻たちはせっせと働いているのだが、虫の死骸ひとつでこんなにもたくさんのアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は首をかしげた。
少年は、蟻たちを指ではじいたらどうなるかな、という好奇心に駆られた。
しかし、今日はただただ観察し続けることにした。
暑い夏の日だから、少年の汗は頬を伝い、しずくとして蟻たちの近くに落ちた。

陽の見えない平日の深夜は窓から

昨日は、梅雨が明けて初めて雨だった。
チヌ釣りの約束を釣り仲間としていたが、雷まで鳴ってきたので、さすがに危なくて行けない。
気がついたら、雨が降っていなかったので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行く道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んだことにより先に来ていた釣り人が、あわてて釣り道具を入れていた。
えさも買ってとかして用意していたのにもったいなかった。
またの機会に行ける日にと話して釣り道具をなおした。
明日からは晴れが続くそうだ。
なので、次こそ行こうと思う。

具合悪そうに体操する友人と公園の噴水
仕事場で着用するジャケットを買いに来た。
コムサでモードなどフォーマルなお店も良いけれど、ギャルショップも良いと思う。
若々しくてハキハキとした女物のショッピングビルでピタッとした製品が多いのが特徴。
価格はテナントによって違いが出るが、ほとんどが安め。
そこで、スーツを探していたが、細身の物ばかり売られていた。
着た感じも、普段より都会的に見える気がする。
良い感じのショッピングが達成できて、とっても満足感があった。

一生懸命泳ぐ母さんとアスファルトの匂い

今時のネイルスタジオは、スカルプチュアなど、とても高度な技が駆使されているみたいだ。
気持ち程サービスしてもらえるインビをくれたので来店した。
私は、色やデザインに対して、悩んでしまうので、決定するのに時間を要した。
薬指だけシンプルなネイルアートをしていただいて、感動し機嫌がよくなった。

怒って叫ぶあいつと霧
5年前、短大を卒業してすぐ、友達と3人で博多港から釜山に観光に向かった。
初めての国外で、高級ホテルにちょっとだけ滞在だった。
メインストリートをしばらく見て、充実させていたけど、そのうち道に迷った。
日本語はもちろん通じないし、英語も全然通じなかった。
泣きそうになっていると、韓国のサラリーマンが達者な日本語で戻る方法を説明してくれた。
大学時代時に日本の大学にて日本文化の勉強をしたという。
そのおかげで、また、楽しいツアーを続けることができた。
帰る当日、電車で道を説明してくれたその人に縁があってばったり会った。
「来てくれてありがとう」と言ってくれたので、みんなここが好きになった。
いつも有給は韓国観光が恒例だ。

道

Copyright (C) 2015 空と海と強い風 All Rights Reserved.